床掃除は男性の仕事ということでクイックルワイパーを所望してみたら

更新が滞っておりました。
いつものことなのですが、わが家の掃除には何かしらあるのです。

先日のこと。
床掃除を。
その役目は、決まってわたくし。
いつ誰が決めたのか。
わが家には、密かに理不尽大王と呼ばれ、ときにはじゃいあん(MIT)とささやかれる人物が。
そう、つまです。

そういえば、彼女の台湾の実家。
お掃除をしているのはいつもお義父さん。
大きな体をゆらしながら洗濯に食器洗いに、床掃除。
がんばれ、お義父さん。
日本から応援しているぞ、お義父さん。

さて、床掃除の話。
わが家の床はいわゆるフローリング仕様。

掃除機でゴミを吸い取り、その後、窓ふき用の掃除道具で床をゴシゴシという工程。
もうそんなことを一年ほど。
さすがに窓ふき用の掃除道具では、面倒くささもあってなかなか掃除の頻度が。

そこで考えたのです。
何度も提案しては却下されている、お掃除ロボと、床拭きロボをふたたび。
といきたいところではあるのですが、さすがに言えません。
ハードルを下げてみることに。

わたくし「あの、一つ提案が」
つま  「?」
わたくし「床掃除なんですが………」
つま  「ダメ」

まだ何も言っていないのに。
今回はロボじゃないのに。

わたくし「あなたがお休みの日でもまったくしない床掃除なんですが」
つま  「!?」
わたくし「やるやるといってやったところを見たことない床掃除なんですが」
つま  「!?」
わたくし「あなたの辞書には存在しない床掃除なんですが」
つま  「はーい、それが何か?」

おっ、ひらきなおった。

わたくし「クイックルワイパーを買ってもらえませんでしょうか?」
つま  「………クイクイ?」
わたくし「どこをどう変換した?」

ここで説明しなければならないのが我が家流。
以前、家にあったとか、そんなことを言っておりましたが、どうやら買ってもらえる模様。

買ってもらえるなんて言っている時点で、床掃除はわたくしの仕事になっているわけですが。
いいんです。
買ってもらったクイクイにウェットシート装着して掃除したいと思います。

つまが掃除する日が来たら、続報を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)