フルーツ箱でとどく

ライチ箱で届く

毎年のことなんですが、我が家には、台湾のフルーツが届きます。
台湾といえば、南国。
南国といえば、トロピカルなフルーツなわけです。

毎年、職場におじさんが来るそうです。
素性は不明。
つまは知っているのかもしれませんが、わたくしは知りません。
そのおじさん、彼女の職場に、台湾直送のマンゴーを売りに来るわけです。

いまでは、スーパーなどでも購入できるマンゴー。
でも、台湾産はほぼ皆無です。
まるでみたことがありません。
メキシコやブラジルが多いでしょうか。
そんな彼女が、毎年ついつい買ってしまうマンゴー。
毎年、むさぼり食べるつまとむすこ。
実家や友人におすそ分けし、わたくしの口に入ることのないマンゴー。

ここまで書いたのですが、今回はマンゴーの話ではありません。
これです。

そう、ライチです。

数日前の夜のこと。
帰ると食卓には食べ散らかしたライチの残骸が。
わたくし「どうしたの、この残骸」
つま  「食べた」
わたくし「いやいやいや、そうじゃなくて」
つま  「届いた」
わたくし「いやいやいや、どこで手に入れたのですか?」
つま  「買っていいって言ったから、買った」

数カ月前のこと。
帰ると食卓にはライチとマンゴーのチラシが。
わたくし「今年もこの季節ですか」
つま  「今年はライチもあるんだって」
わたくし「そうですか」
つま  「珍しくない?」
わたくし「買えばいいじゃない」
つま  「マンゴーも買うし………」
わたくし「どっちとも買えばいいじゃない。それよりメシ」

忘れていたわたくし。
3kg5000円のライチ。
イガイガがあるのでおそらく新鮮なまま届いたのでしょう。
ジップロックに小分けされ、彼女の友人たちへおすそわけ。
わたくしの口に入ることのないライチ。
さようなら5000円、いやライチ。

ライチとマンゴー、わたくしの口に入るのはいつのことになるのやら。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)