バックにしまい込まれた300元を発見する

ジャイアン

普段はほとんど紙幣を持たせてもらえないわたくし。
それでも、月に数度、つまからの買い物指令があったりします。
そんなお話を。

買い物指令はある日突然やってきます。
職場の静寂を破る着信音。
つまと表示されるサブディスプレイ。
おそるおそる通話ボタンを。
わたくし「何でしょう?」
つま  「お金ある?」
わたくし「たぶん」
つま  「いくら?」
カバンから小さな小銭入れを取り出し、その場で硬貨を数えます。
わたくし「450円くらい」
つま  「焼きそばに使うお肉買ってきて」
こうして仕事帰りにお肉を買って帰ったりするわけです。

最近では、お使いミッションをコンプリートすると、報酬を手にすることができます。
ですので、しばらくミッションがない場合、たいてい500円前後しか持っていません。

そして先日、またもお使いミッション発生。

内容は、暑さからか夕食をつくることを放棄した『とある女性』のために、KFCを購入すること。
もちろん、とある女性とその配偶者、そして二人の5歳になる子どもの三人分。

もちろん、ミッションをコンプリートできるほどの資金はありません。
たばこを買ってしまったことで、お財布には250円ほど。
ビスケット一個が関の山。

お金がないというキーワードから、先日このブログで書いた記事を思い出しました。

>つまから100元札を5枚もらい、うち300元を鞄のポケットへ。200元をお財布に。
>台北駅前の新光三越で別れ、一人旅がスタートしました。

このときの300元は一体いずこへ。

つま  「一回帰ってきて、お金渡すから」
わたくし「あい」

電話を切ってから、思い出してみます。

コンビニで二冊の地図を買いました。
一冊目の地図がいまいちで、もう一冊買ったのです。
ですので手元には、前々回の旅で購入した地図もあわせて三冊の地図が。
台北の地図
ペットボトルのお水を一本買いました。
途中、自動販売機で600ccのビタミンウォーターを買いました。
MRTに一度乗りました。

地図が一冊88元で、二冊買いましたので176元。
お水が18元。ビタミンウォーターが25元。
MRTが20元。
全部で239元。

カバンから300元を出した記憶もなく。
ということはカバンにしまったままなのではないのか。
調べてみると、ありました、300元。
これが発見した100元札3枚。
100元札三枚

200元をオーバーした39元は、小銭入れに入っていた硬貨で何とかしたのでしょう。

発見した300元をポケットに入れ、家に戻ります。
さっそくお金をもらいKFCへ。
三人分の夕食を購入し、ミッションは無事クリア。
報酬として、おつりと1000円札1枚を入手。

ここで交渉に打ってでるわたくし。
わたくし「あのですね、両替ってしてもらえますでしょうか?」
つま  「?」
不思議そうな顔をするつま。
わたくし「台湾元を日本円に。現在のレートで」
つま  「………いいですよ、出して」
わたくし「いいの?」
つま  「もちろん。持ってる台湾元と、さっきあげた日本円、全部出して」
ポケットから、もらったばかりの1000円札と100元札3枚を出すわたくし。
計4枚の紙幣がつまの手に。
つま  「いいですか? この300元と1000円はほとんど同じ価値です」
わたくし「はい」
つま  「これが、今、あなたが受け取る日本円、1000円です」
わたくし「はい」
つま  「普通、日本で両替する場合、1元、3円くらいですので得してますよ」
わたくし「ありがとうございます」
つま  「そして、この300元は、両替を受けたわたしのものです」
100元札3枚が、つまのブランドものの財布の中に消えます。
わたくし「………いやいやいや、待てコラ」
つま  「何?」
わたくし「おかしいでしょ? 300元とられただけじゃない。返しなさいよ」
つま  「この300元はもともと誰の? そうです。わたしのものです」

『タータッタタターリーララララー♪』

この両替商、超危険。
300元まんまととられてしまいました。
もう二度と戻ってこない300元。
さようなら300元。

でもですね、300元渡されて、1000円取られなくって本当によかった。
みなさん、台湾で両替したお金は、全部、台湾で使い切ってしまいましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)