チンジャオロースーの謎

来日して、すでに10数年となるつま。
日本語学校に通い、日本語検定2級?を取得。
大学に入学し、卒業。
日本で就職。
結婚、現在。
ざっくりとこんな感じです。

わたくしがはじめて彼女とであったのが、彼女が大学4年の頃。
その1年後くらいに再開、数ヶ月で結婚という運びに。
その数年後には、永住を取得。

おそらくですが、結婚するまでろくに料理などしなかったのでしょう。
台湾らしきものは、食卓には並ばず。
彼女の料理は、なぜか日本食が多いわけです。

そんな中、中華らしい料理といえば、結構な頻度でチンジャオロースーが登場。
1ヶ月に数度でしょうか。
どんぶりになったり、白米との組み合わせだったり。
いつも、そのほかのおかずは、ありません。
どちらかといえば、はずれで残念な夕食になります。
そんな一昨日のこと。

つま  「おいしい?」
おもむろに聞くつま。
わたくし「このメーカーの素、いつもなんだけど、なにか足りない」
つま  「はぁ? 手作りなんですけど」
わたくし「もしかして………はじめに食べたのからずっと?」
つま  「神經病(センジンビン)」

どうやら、手作りらしいのです、7年ほど前から。
もう味わえないかもしれない、なにか足りないチンジャオロース。
ほとぼりがさめたら、素を勧めてみようと思う今日このごろ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)