キャンピングカーが走っていたので、老後にどうかとつまに聞いてみたらギャップがあった

bufalino

ひさしぶりにつまと二人で車に乗っていたときのこと。
偶然、目の前に、軽自動車のキャンピングカーが。
そのときの車中の話。

日本が誇る軽自動車。
今や、キャンピングカーにも黄色いナンバープレートの軽自動車が。
目の前をかわいく走っているキャンピングカー。

わたくし「第二の人生が始まったら、あんなキャンピングカーで北海道でも一周してみたいねぇ」
つま  「一人で?」
わたくし「いや、ふたりで」
つま  「おっ、たまにはいいこと言いますね」
わたくし「なんか、そんなのも夢があっていいじゃない?」
つま  「でも、北海道だけ?」
わたくし「………」

どうやら北海道という広大な大地だけでは物足りない模様。

わたくし「じゃじゃじゃ、日本一周にしますか?」
つま  「いいですね。ふたりで?」
わたくし「もちろん、ふたりで」

北海道だけでも十分広いはず。
北海道の沿岸をぐるっとわまって、約2200km。
2200kmがどのくらいかというと。

チリでたとえるとこんなかんじ。
2200km
チリの首都サンディアゴの中央駅から。
サンディアゴ中央駅
ペルーとの国境まで行けちゃうわけです。
チリ国境

遠い。わからないけどきっと遠い。
それなのに日本一周をご所望のつま。

わたくし「目的もなく、いい景色とかみて、夕方になったら、キャンピングカー停めて、キャンピングカーで寝て………」
つま  「ふたりで?」
わたくし「もちろん、ふたりで」
つま  「………わたしは温泉泊まるよ。ひとりでキャンピングカーで寝なさいよ」
わたくし「!?」

どうやらキャンピングカー自体がNGらしい。

露と落ち露と消えにしわが身かななにはの事も夢のまた夢

はかない。
こうなったらひとりbufalinoで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)