ひさしぶりに日本語聞いていいいですか発動。とに点々はあっているがほかが間違っている件

誰にでも間違いはあるもの。
でも、それはちょっとひどいと思うことがわが家では年に何度も。

普段は何も考えているように見えず、脳天気なつま。
そんなつまにもこだわりが。

卓上カレンダーになみなみならぬこだわりを。
カレンダー自体の大きさ、文字の大きさ、書き込むスペースの大きさ。
家には数カ所に卓上カレンダーが。
その月はみなバラバラ。
そうです。
たくさん設置はするものの、使うのはひとつだけなのです。
今年のお気に入りは、友人からもらったという某ホテルの卓上カレンダー。

なぜつまに卓上カレンダーが必要なのか。
それは予定を記入するため。

子どもの春の恒例行事が今月末に開催。
その予定をカレンダーに記載したときに事件はおきます。

つま  「とに点々ですよね?」
わたくし「とに点々は”ど”という言葉ですが何か?」
つま  「うんどうかいの”ど”」
わたくし「そうです。うどんこ病の”ど”。ドドンパの”ど”。ビビンバ丼の”ど”」
つま  「………ビビンバに”ど”、ない」
わたくし「そうですね。どんには”ど”がありますよ」
つま  「あっ」

こんな感じ。
つまですが、うんどうかいの”ど”が、”と”なのか”ど”なのか。
日本語聞いていいですか発動なわけです。

お気に入りの卓上カレンダーにボールペンを走らせるつま。
書き終えて元の場所に戻るカレンダー。
何気なくみやります。

わたくし「………」
つま  「どうした?」
わたくし「どうしてひらがなで書く?」
つま  「子どもも読めるでしょ?」
わたくし「子どもがカレンダー見ているところなんて一度かみたことあるか?」
つま  「そういえばないね。えっ、わたし間違えてる?」

ようやく何かに気づくつま。でも、間違えには気づかないつま。

わたくし「うんどうかんって何だ?」
つま  「えっ、どこ? アイヨぉー、センジン……」

いいかけて あきらめけして なおすつま うんどうかんってなにものだ? おらこんなむらやだー

一句詠むと、こんな感じでしょうか。
無事、うんどうかいに。

とりあえず早朝に記事を。
下の子が起きたので退散します。
また書きます。

三分後の追記
思い出したので追記を。
ちなみに今では、ビビンバ丼と正確にいえるつま。
一昔前までは、ピピンパ丼。
日々成長です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)