かき氷とマンゴー

先日の記事でぼやいたライチの一件が記憶に新しい昨今。
そんな中、とうとう台湾産マンゴーが届きました。
届いたマンゴーは残念ながら………。

祝日のお休みにもかかわらず、駆りだされたわたくし。
つま  「会社にマンゴー届いたから取りに行くよ」
わたくし「へい」
祝日の昼下がりは交通量も少なく、あっという間に会社に到着。
マンゴーを回収し、一路つまの同僚宅へ。
昼食を食べてなかったことから、ごねる息子。
むすこ 「お腹すいたぁ」
つま  「帰ったらマンゴーかき氷食べようねぇ」
わたくし「………」

帰ってきて、さっそく冷凍庫から氷を取り出すつま。
自動かき氷マシンに氷をセット。
真っ白な氷がお皿いっぱいに。
そして、切り分けたマンゴーを載せ、シロップを。
いちごのシロップでしょうか。白い氷が真っ赤に染まります。
そして最後に練乳を。
できあがりがこちら。

なんとなくおいそうな、つまのかき氷。
それなりに見えます。

そしてむすこ。
なぜかブルーハワイを選択。
最初から毒々しかった、むすこのかき氷。
食べきれずに悲惨な状況に。

ウォッシャー液の沼に沈むマンゴー。
もう救出は無理。
むすこ 「パパ食べる?」
わたくし 「………」

今年も口に入りそうにないマンゴー。
でも、かき氷はもうやめよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)