おにぎりとお味噌汁

昆布

ランチ。
それは働く人にとって、午前を乗り切るためモチベーションであったり、午後からの活力の源でもあります。
そんなわたくしのランチのお話。

台湾のお昼のビジネス街。
ビルから一斉に人がでてきます。
皆さん、なごやかに談笑などしながら、おもいおもいのお店へ。
こんな様子です。
台北のランチ
人が奥までずっと。時間は台湾時間、12時3分。
左側の人だかりは、富覇王猪脚さんという豚足の有名店に並ぶ方々。
撮影場所はこちら。
四平陽光商圏
四平陽光商圏の裏側。
松江路より一本東側の路地になります。
この辺は旅行会社などが多く、いわゆるビジネス街。
多くのサラリーマン姿の方々がいます。
もちろん、ランチの後には、お昼寝タイムがあったりなかったり。

さて、ところかわって日本のランチ。
勤め人だった頃は、吉野屋などよく利用しておりました。
現在では、牛丼並が280円とのこと。
台湾元で、90元くらいといったところでしょうか。
こう考えるとデフレ恐るべしと感じますが、日本の500円のランチだと、台湾元で150元ほど。
台湾のコンビニでは、お弁当が60元(約200円)前後。
マクドナルドでは、ビックマックが単品で75元(約250円)。
先ほど写真でご紹介した富覇王猪脚のテイクアウトお弁当(ご飯に豚足)が90元(300円)だったかと。
ですので、150元あれば、結構食べられると思います。

そして、わたくしのランチ。
毎日、つまから支給されます。
お弁当? そんな上等なものではありません。
毎日、おにぎり一個の支給。
アルミホイルに包まれた、なぜか微妙に楕円形のおにぎり。
具は、昆布だったり昆布だったり、昆布だったり。
味噌スープは、約二週間分、まとめてレトルトが支給されます。
職場でお湯を沸かし、おにぎりといっしょにすすります。

昨日の夜のこと。
食卓に並んだ唐揚げがあまりそうだったので、切り出してみました。

わたくし「明日は、残りものの唐揚げで、お弁当なんていかがでしょう?」
つま  「………」
わたくし「小さなお弁当箱に唐揚げと卵焼きと………」
つま  「そういえば、小さい炊飯器どこにあるの?」
ちょっとつついただけなのに、蛇が。いや熊が。
わたくし「いえいえいえ、いいんです。いいんです。おにぎりでいいんです」
つま  「そぉ?」
上等兵殿、おにぎりだけは何とか。職場でご飯炊くのはちょっと。

ちなみに本日は、楕円のおにぎりなし。
コンビニで調達。
これからささやかなランチ。
涙なしでは語れない悲しい、物語。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)