「ニラ入り合い挽き肉餡とワンタンの炒め物」が食卓に出現したのでどうしてこうなったのか聞いてみた

誰にでも失敗はあります。
仕事での失敗、人間関係での失敗、実験の失敗などなど。
その中にはリカバーできるものもそうでないものも。

最近の暑さもあってか、夕飯で少し手を抜き始めているつま。
夕食後のハーゲンダッツはしっかりと食べるくせに。
そんなこと言えるわけでもなく。
さて、先日の夕食。
むすこにしつこく夕食が何か聞かれているつま。

むすこ「今日の夜ご飯なーに?」
つま 「………」
むすこ「ご飯なに!」

よっぽどお腹が空いている模様。

つま 「うどんです」

どうやら夕食は週一のうどんの日。
まぁ、冷たいうどんを、氷入りの少し濃いめの追い鰹つゆでずるずると。
いいではないか。いいではないか。

帰宅後。
むすこは勉強………をしているフリ。
むすめはわたくしといっしょにテレビを。

時折聞こえてくるつまのひとりごと。

つま 「………あれ?」
つま 「あっ………」

いつものこと。
全てに反応していては我が家ではやっていけません。
むすこも、もう少しで2歳になるむすめももちろんこの不文律を知っています。

小一時間で夕食に。

つま 「ごはんできたよぉー」
むすこ「はーい」

むすこが真っ先に食卓にかけだします。
食卓前で立ちつくすむすこ。
どうしたむすこ。

つま 「餃子ねぇ、失敗したの」
むすこ「えーーーー」
つま 「食べたらいっしょだから」

なにやら不穏な空気。
すごい理由でむすこを丸め込むつま。
どうやったら餃子を失敗できるのか。
まぁ、何人か具を飛び出させている子たちがいるくらい我が家では普通。
おいしそうな焼き目がついていないものもちろん、普通なわけです。

三度目の「ごはんできたよぉー」でむすめと食卓に向かうわたくし。
食卓にはうどん、そして山盛りの餃子。

わたくし「どうしてこうなった?」
つま  「………」

回答を避けるつま。
うどんは湯気が出るほど熱々でお揚げが一枚乗っているだけ。
餃子は、全ての子が具を飛びださせ山積みに。
もはやそれは餃子ではなく………。

『ニラ入り合い挽き肉餡とワンタンの炒め物』

もう一度尋ねてみます。

わたくし「どうしてこうなった?」
つま  「油………忘れた」

どうやれば油を忘れられる。
ダイヤモンド入りテフロン加工鍋なんて買った覚えはないぞ。

証拠を隠滅するかのように、ラップをかけ冷蔵庫にしまおうとするつま。

わたくし「おい、待て」
つま  「んっ?」
わたくし「それ、その余ったの誰が食べるんだ?」
つま  「………你(あなた)」

今年の夏は冷夏だとか。
それでもですね、暑いですからね、油を忘れることくらい普通にありますよね。

そうやって次の日、冷蔵庫から『ニラ入り合い挽き肉餡とワンタンの炒め物』を取り出して食すわたくし。

もちろん、一日おいても、美味しくなるわけもなく。
完食しましたが、特にほめられるわけでもなく。

何も悪い子としていないのに。
いったい、わたくし、何の罪でこんな罰を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)